ホームページ関連メニューを掲載しました

a1180_012028_m

代表の長井です。
(写真はメニュー繋がりで、記事とは関係ございません!)

弊社の『ホームページ制作』と『レンタルサーバーサービス』をコーポレートサイトに掲載しました。
「ホームページの制作に一体いくらかかるんだ?」と単刀直入によく聞かれるのですが、これを一言で返すのは中々難しく、実際には細かなヒアリングが必要なのですが、概算としてこれくらいというところを率直に掲載しているつもりです。

どこがちがうの?SSEのホームページ

ホームページの制作を担う企業様は弊社以外にもたくさんございます。

弊社が制作するホームページの特徴は情報を即時掲載でき、運用費が低いということ。もっと手っ取り早く申せば「自分たちで簡単に情報の更新ができる」ホームページを作ります。

中小規模の企業様・団体様が情報に投資できる予算内で情報発信の最大効果を出すためには、導入先企業様の協力を頂き、企業様自身で情報の発信を継続的に行う体制がどうしても必要です。
そこで、技術を必要とせず容易に記事更新ができるCMS(コンテンツマネジメントシステム)という仕組みの上にホームページを制作し、納入しております。また、CMSの講習会を導入企業様に実施しております。
CMSと何だか難しそうな印象を受けるかもしれませんが、ブログの利用経験があったり、日常業務でWord等お使いであればスキル的には全く問題ありません。

当事者が情報を発信することへのひっそりとした期待

「自分たちで簡単に情報の更新ができるホームページ」に弊社が力点を置いたことにはもちろん理由があります。

弊社は企業ミッションの中に「情報システムによる課題解決」と「復興の推進」を掲げています。
このミッションに合致するホームページの要件は「導入しやすいこと」と「当事者による即時性のある情報発信」ができること。
まさに今の福島を知ってもらうこととなり、風評被害の払拭をはじめとした復興の推進に寄与するのではないかと考えます。

このようなホームページの制作、ご要望ございましたらぜひ弊社までお問い合わせください。

低い投資で高い効果を得られる情報システムメニューを展開中です。事例として掲載していく予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

XHTML: You can use these tags <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA